最近人気があるagaの費用のポイント

aga 費用

最近、CMなどでも見かける話題のaga治療が、具体的にはどういったものかご存知でしょうか。agaは、実は男性型円形脱毛症のことで、Androgenetic Alopeciaを略してagaと呼ばれています。遺伝や男性ホルモンの影響で毛が抜けたり成長しにくくなったりした結果、薄毛になってしまうという症状です。現在、日本人男性の3人に1人がagaと言われています。実に多くの人が悩みを抱えているのが現状です。その悩みの種、agaを治療するためのaga治療ですが、残念なことに保険は効きません。治療方法には、主に「飲み薬」「塗り薬」「注射」「発毛治療」「自毛植毛」という5つの方法がありますが、全て美容整形と同じ分類に分けられているため、医療保険の適用外となってしまっています。そこで、どうしてもお高くなってしまいがちな費用のポイントをご紹介していきます。

aga治療方法ごとの費用の相場

まず一つ目の治療法「飲み薬」は、薬によって金額は変わりますが、大体1ヵ月分で7,000円~13,000円ぐらいの費用を負担する必要があります。二つ目の治療法「塗り薬」では、7,000円〜13,000円ほどかかります。クリニックで処方される薬だと、市販薬よりもagaに効能のある成分の濃度が高くなっているため、より高い金額となります。三つ目の治療法「注射」はクリニックによって成分の配合や使用する機器などが変わるため、1回2万円〜10万円と幅が広いです。四つ目の治療法「発毛治療」は、1回2万円前後ですが継続利用が前提とされていますので、注意が必要です。五つ目の治療法「自毛植毛」は、最低でも30〜40万円前後、広範囲ですと200万円以上が必要です。様々な治療を試した上で効果が芳しくない場合に行われるので、事前にもっと費用がかかってしまうでしょう。

aga治療の費用軽減方法を教えます

医療保険が効かないために、どうしても高額になりがちなaga治療の費用ですが、少しでも安くする方法がいくつかあります。まず一つ目は「飲み薬はジェネリック医薬品を利用する」です。飲み薬は新薬であればあるほど高くなってしまいます。すでにジェネリック医薬品として出ているものもあり、効果や副作用なども同程度ですので、担当医師の方に相談するとよいでしょう。続いて二つ目は、「専門病院でなく一般病院を利用する」ということです。やはり、専門病院ではあなたにあった症状や治療法を行ってもらえるので効果は出やすいと言えます。ですが、少し値が張ってしまうこともあるのが事実です。一般病院では治療方法や薬が決まっているため、その分価格は下がるようです。「発毛させたい」のか、「価格は抑えたい」のか、ご自身で選んでいただくことも大切です。