安い費用でagaを行うためのコツ

aga 費用

近年、agaの治療法が進んでいます。agaの主な症状として、20代から30代というまだ老年性脱毛には早い時期に、額が段々後退していくM型薄毛や、頭頂部が薄くなるO型薄毛、あるいはM型とO型の両方が同時に進行する複合型薄毛という症状があります。M型薄毛は発毛サイクルの乱れが原因となっており、O型薄毛は頭皮の血行不良により髪の毛に十分に栄養が行き渡らなくなることが原因と言われていますが、agaの原因には男性ホルモンの作用や頭皮の血行不良だけでなく、ストレスや生活習慣も大きく影響しているため、agaの治療では男性ホルモンの作用や頭皮の血行不良だけでなく、ストレスや生活習慣などさまざまな要因から薄毛の原因を探し、原因を改善していきます。しかし、agaの治療法にはいくつか種類があり、治療法によって治療費用も異なるため、agaの治療を検討している場合には注意も必要です。

agaの治療法別治療費の平均相場とは

一般的に病院で受ける治療というのは健康保険が適用されるため、治療費全額を支払わなければならないということは少ないですが、agaの治療では保険が適用されません。また、aga治療はどこで、どんな治療をするかによっても治療費用は大きく変わってきます。agaの治療には大きく分けて飲み薬・注射・植毛など4つの治療法があります。飲み薬による治療の場合は1か月の治療費相場は7,000円から10,000円前後、注射による治療の場合は1回10,000円から40,000円程度、植毛の場合は治療を受けるクリニックによっても変動するもののだいたい1本当たりの植毛が300円から1,000円前後となっており、1,000本を植毛する場合の平均相場は30万円から100万円ほどとなっています。

aga治療を安く受けたいならジェネリック医薬品がおすすめ

agaの治療を検討していても、実際にかかる毎月の治療費用は決して安いとは言えず、治療を躊躇しているという人も少なくありませんが、agaの治療費用を極力抑えたいという場合は、ジェネリック医薬品による治療がおすすめです。ジェネリック医薬品は、新薬の有効成分を含む医薬品のことで、薬の形状等は新薬と異なる場合もありますが、新薬のように研究開発投資が少なくてすむため、患者さんの薬の自己負担額を軽減することができるため、結果agaの治療費用を通常よりも抑えることができます。また、ほかの疾患や精神的な理由から脱毛が起こり、agaの治療を受ける際に、税務署や税務署職員に認められた場合には医療控除を受けることができるケースもあるため、aga治療は自由診療だからといって医療控除適用外だと思わず、できるだけaga治療を安く受けたいなら一度最寄りの税務署に相談してみるのもおすすめです。