agaにかかる費用を詳しく解説

aga 費用

aga(男性脱毛症)は、成人男性によく見られる症状で、遺伝、男性ホルモンなどの影響が原因と言われています。 抜け毛が進行して、うす毛が目立つようになっていく進行型の症状です。近年、agaは治療できるようになってきました。しかし、この治療は残念ながら保険適用外となります。そこで気になるのは費用です。金額は、治療の種類によって異なります。治療方法は大きく分けて以下の4種類で、飲む治療薬、塗る治療薬、自毛植毛、発毛治療です。最近ではagaを専門に取り扱う専門院や、取扱を行っている一般病院が増えており、治療薬のみを通販などで安く購入もできます。できれば通販で購入するよりも、しっかりと病院で治療してもらった方が保証もあり、安心です。また例外として、精神的なストレスや他の病気の影響で脱毛に至った場合、税務署職員に認められれば医療費控除の対象となる場合もあります。

aga治療の種類と費用の相場はいくら?

aga治療の金額は、治療方法によって異なります。まず一般的な治療法として飲み薬があります。飲み薬の相場は約1カ月分ですと28錠が7千円から1万円くらいになりますが、後発医薬品のジェネリック薬品で治療を行うと、2000円以下で購入することができます。発毛注射の場合は、発毛に対して有効成分を混ぜたものを直接頭皮に注入しますが、一回につき1万円から4万円程度の費用が掛かります。この方法には個人差がありますが、痛みは少なく、有効成分を直接患部に注入するので効果が高いとされています。次に、植毛は一本あたりの金額になりますので、範囲によって30万円から150万円程の費用が必要になってきます。自分にはどのような治療が合っているか、金額面も含めてよく検討するとよいでしょう。

aga治療は費用対効果で何をするのが一番よいのか

aga治療を検討していて、効果対費用は何が一番なのかは人に聞きにくいことです。しかし、それはご本人がどこまでの治療を望むかによって変わります。薄毛をすぐに目立たなくしたいのであれば植毛をおすすめしますし、将来的な発毛を望むなら専門院で専門医による治療が必要です。また現状維持で構わないのであれば、一般病院でも対応していますので、充分です。更に、個人購入で通販を利用するならジェネリック薬品を使用すれば、安く済ませることができます。ジェネリック薬品は、成分は同じですので効果も同程度期待できます。自身で判断ができない場合は、一度専門院でカウンセリングだけでも受けて、治療に対する説明を受けてみるとよいでしょう。初診の場合、カウンセリングを無料で行ってくれるところも多数存在しますので、悩んでいるなら一度相談行かれるのがよいです。

ミノキシジルタブレットは飲む育毛剤です。 産毛が残った状態のAGAなら改善する可能性があります! agaは専門医の治療で治すことのできる症状です。 発毛治療に使われる薬剤ミノキシジルは、脱毛症に効果的! 専門のカウンセラーが治療の内容をご説明します。 患者様それぞれの症状に合わせて組み合わせた薬を投与するカクテル療法を行います。 良心的なAGA治療の費用なら池袋AGAクリニックがおすすめ